修理が必要になったら|スマホユーザーが抱える悩みを完全解消

女性

自分で解決する

男性

iPhoneの起こりやすい故障と対策を考えてみましょう

iPhoneを使用していて不具合や破損してしまうことはよくあります。内部故障に関してはなかなか素人で解決が難しいですが、目に見えてわかる故障は起こりやすい一方、比較的対策がしやすいのも特徴です。一番多い事故はタッチパネルの破損です。iPhone修理に出すと、自分の手元から放さなければならない他、かなりの金額がかかるためあきらめる人も多いようです。タッチパネルの破損はiPhone修理キットなどを使用することで修復が可能です。タッチパネルを購入し、自分で1〜2時間程度で付け替え修理もできるようです。iPhone修理キットも様々なメーカーが出しているのでできるだけ純正に対応していて価格も抑えめのものを探してみましょう。

そのほかに起こりやすい事故はなんでしょう

次におこりやすい事故はiPhoneの水没です。水仕事をしている時やトイレ利用時にポケットから落ちてしまうケースがよくあるようです。データはこまめにバックアップをとる必要があるのはもちろんですが、万が一取っていなかったときは何としても復元したいと思うものです。データの復元まで可能かは状況にもよりますが、iPhone修理の方法としてあげられるのがとにかくSIMカードを乾燥させることです。空気乾燥は目で見て水滴が付いていなくても1日以上は必要です。米つぼの中にいれるのが最適と言われています。細部にまで水が浸入しているので、とにかく思っている以上の長い時間乾燥に費やしてください。応急処置としてのiPhone修理方法を参考にしてみてください。